2014年12月5日 岡山大学でチーズの試食をしました

DSC04728.JPGトップページでも紹介しましたが、11月28日に岡山大学農学部教授、宮本拓先生の研究室に伺い土田の里で作ったゴーダチーズの試食を行いました。

6か月熟成のゴーダでしたが、まだ若いゴーダであると評価していただきました。

チーズ工房の熟成室には2年物のゴーダがありますがこれはお持ちしませんでした。

今まで何回か岡山大学でチーズを試食していただきましたが、今回は、私の恩師である東北大学教授斎藤先生の岡山訪問に合わせたものでした。

同席していただいた岡山大学助教の荒川先生は斎藤先生のお弟子さんでしたので、中西武雄先生につながりのある先生方とチーズを食べたことになります。チーズを作る身にとってこのような光栄なことはありません。感謝しております。

 

中西武雄先生

東北大学教授 東北福祉大学教授歴任。

日本酪農科学会初代会長

農学博士

先生の影響でナチュラルチーズを製造されたという方が大勢おられます。

 

斉藤忠夫先生

東北福祉大学講師 東北大学教授

日本酪農科学会会長 アジア乳酸菌連合学会会長

東北大学総長補佐

 

宮本拓先生

岡山大学教授

日本酪農科学会副会長

 

今回のチーズ試食は、宮本先生が指定した乳酸菌をスターターとし7月から8月にかけて製造したゴーダチーズを試食しました。