2012年 6月14日岡山大学でゴーダチーズの試食を行いました

昨年の11月に岡山大学大学院宮本拓教授、荒川先生たちと作ったゴーダチーズの試食を宮本先生の研究室で行いました。当日は高松農業高校の弘田先生そして岡山県の産学協同連携課課長の栗木さんとともに試食を行いました。やや柔らかいゴーダチーズでしたが約7ヶ月近く熟成させたチーズを食べていただきました。来年、岡山市で宮本教授を会長に日本酪農科学会の全国大会が開かれます。残りのチーズはそのときまで熟成させようということになりました。約1kgのゴーダチーズが3個ありますがこれを再び来年の夏まで熟成させ食べてみようということになりました。日本酪農科学会初代会長は私の恩師である、中西武雄先生です。そして現会長の斉藤忠雄東北大学教授は私が大学時代に直接実験や実習を指導してくださった先生です。これから1年以上の熟成となりますが大事に大事にしたいと思います。この3個のゴーダチーズには私の想いが詰まっています。ちょっと熱くなりましたがご報告させていただきました。(藤田)