経営理念

アンジョリロゼールは、NPO法人土田の里が経営する障害者自立支援法による就労継続支援A型事業所です。基本理念は、人と人とを結ぶ絆を大切に、自分自身の人生をしっかり生きてもらいたいという気持ちを込めてアンジョリロゼールは社員の皆様と歩んでいきたいと思っております。 またアンジョ リロゼールには利用者はいません。社員として働いているのです。ともに汗を流し働きましょう。

 

     

弘法大師の次の言葉を私たちの経営理念の指針とします

物の興廃は人による

人の消沈は定めて道に在り

 

励むことは生の道です、怠ることは人としての尊厳を損なうのです。

アンジョリロゼールは、農園芸を行い食品を扱います、手を抜くことは消費者の方たちへの背信行為につながります。また、バラを始め花の苗や野菜の苗に水やりを一日といえど忘れれば花や野菜の苗はたちまちにして枯れてしまいます。私たち社員は一日一日を大切に生きて生きたいと思います。

 

また、釈尊はこのように述べています

過去を遂うてはならぬ、未来を待ってはならぬ

ただ、現在の一時だけを強く正しく生きねばならぬ

私たち、アンジョリロゼールで働く人たちは本当の自己を大切にし、本当の願いを求めます。

 

 

又、管理者の母校である真言宗京都学園、洛南高校元校長三浦俊良先生がいつも法話で話していた次の言葉もアンジョリロゼールの社員の心構えとします。

社会の雑巾になりなさい

 

 ここで述べられている社会の雑巾になれという言葉の意味はなんでしょうか。

いろいろ解釈はあり、恩師三浦先生もはっきりと述べられていますが、私は土田の里の職員をはじめ、関係する方々が次のような気持ちでいていただきたいのです。

それはこうです、自らが雑巾になることにより自らは汚れるが、相手の方は心洗われ喜んでくださること。これが願いというものではないでしょうか。また、こうした生き方ができれば社会はもっと明るくなり、元気になり、障害者のかたも健常者のかたも生き生きとともに楽しく生活できるのではないかと信じています。

先人の言葉をお借りするのは、なにか心苦しいところはあります、なぜ自分の言葉で言えないのかというもどかしさはありますが、正しいことは真理でありその言葉を少しでも理解し実行していこうというのが、私たち土田の里の理念なのです

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、事業を行うにあたり利用される方々のニーズを捉え、一般企業となんら代わりのない事業所を目指しています。利用される方たちは社員であり、意識の高い仕事をしていただきます。

 

私たちのアンジョリロゼールで働くというのは自己のため、本当の自分の願いのためにあると思います。この考えに賛同していただける方もおられれば、いや違う、仕事をするということはそのような理想ばかりではないという方もおられると思います。どうしても仕事に行きたいが、体が、気持ちが、心がどうしてもという方たちもおおいいと思います。しかし太陽は必ず朝日となって昇ってきます。アンジョリロゼールは、自然を相手に仕事をする場所です。作物が実るにはいくら頑張れ頑張れと励ましても実るまでにはたくさんの障壁が待っています。いくら肥料をまいても正しい時期に使用しなければ役には立たず、ただ害になるだけです。私たちはじっくり待つということも重要だと考えています。稲は秋にならないと頭を垂れません。人生にも四季があります。その四季の訪れが早いか、遅いかは問題ではないと思います。アンジョリロゼールで働く全社員にも同じことが言えます。人生の実りの秋ははるか遠いいところにあるのでしょう。今はだれにも見えません。しかし必ず来ると信じ歩んでいきたいと思っていますその為には毎日仕事に励んでください。生きがいは寝食を忘れて打ち込むことで生まれます。